スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
繋がった! 
今日やっと釜石の伯母と電話が繋がりました。
寝たきりの伯父が入院していた病院がテレビに映って、
そこでは11人の方が肺炎などで亡くなっていると・・・・
約60人が別の病院に移ると・・・

いてもたっても居られなくなり、実家の母に電話し伯母の携帯の番号を聞きました。
母も毎日かけてるが繋がらないし、生きているということは分かっていたので
連絡が来るのを待つしかないと思っていました。
ダメもとで電話すると・・・繋がりました!

伯母は伯父の病院に見舞いに行ってるときに被災しました。
前日にも大きな地震があって嫌な予感がしていたそうです。
揺れ始めから伯父に覆い被さり「大丈夫だよ。大丈夫だよ。」と言葉をかけ続けました。
津波警報のサイレンが聞こえ、どうしようと思った時にはすでに、聞いたことのない音とともに
どす黒い波が渦を巻いてすぐそこまで迫ってきていたそうです。
9階建ての病院の5階に居た伯父と伯母。2階まで水が押し寄せました。

命は助かったものの、物資不足は深刻で自分が食べるものはもちろん、水や薬もなく
入院している人の食事も1日2食が1食になり、1日おきになり、まったく食べれない日もあったそうです。

幸い伯父は2日前に別の病院に移ったそうですが、やはり過酷な避難生活だったために
かなり容体は悪く、そんな伯父と離れなくてはいけなかった伯母はどんなに辛かったでしょう。
家は高台にあり無事でしたが、その家に今は一人。
窓から見える風景はすっかり変わり、あの恐ろしい津波の音が頭から離れず、夜も眠れず食欲もなく。。
私たちがテレビで見た恐ろしく信じられないあの光景を伯母は自分の目で、目の前で見ました。
流される車、家、人・・・。心の傷の深さは計り知れません。。

福島の伯母の家は津波にやられてしまいました。
原発の避難勧告が出る前に新潟の娘の家に疎開しました。
宮城の母の生家は一部が崩れただけで大丈夫だったそう。

今、私にできること。また考えてる。
節電?義援金?買い過ぎない?それだけ?
きっともっとあるはず。

早く伯母に、みんなに笑顔が戻りますように。
避難所に居る人が早く暖かく安心できる場所に移れますように。
スポンサーサイト
 
イブルイ母 #-
 
本当に無事で良かったですね。
TVで見てても怖くて、実体験された伯母様心の傷はいかほどかと、早くご親戚等身内の方が訪問出来る様になると良いですね。
1日も早い復興願ってます。
被災されました皆様にお見舞い申し上げます。
mariko #P6YictLc
イブルイ母さんへ 
ありがとうございます。本当に無事でよかったです。
ほんとうに・・・こんなことが現実に起こったことだなんて。。
近々、娘(私のいとこ)が行くそうです。もう行ったかもしれません。
本当に私にできることが少なくてもどかしいです。
今は祈ることと願うことしかできないのかもしれません。。
アケリン #TBb5cWT2
 
良かったね。やっぱり自分で声を聞くまで心配だよね。
津波さえなければこんなに酷いことにはならなかった。
遠く離れた神奈川でも、いまだあの揺れの恐怖から解放されない自分。
被災地の人たちはどれだけ怖かっただろうか。
本当に本当に恐ろしい経験をして、これからずっと忘れることは無いだろうけど、
少しでも早く復興して、安心できる環境が整うといいな♪
mariko #P6YictLc
アケリンへ 
ありがとう。無事だってことしか分かってなかったから心配だったよ。
寒くないかとか食べれてるかとか薬はどうしてるのかとか。。
地震自体はそれほど大きいとは思わなかったんだって。
やっぱり津波だよね。。
私と話しながら「思い出すと怖くて目が開けられない」って言ってた。。
本当に、被災地の人たちは心に大きな大きな傷ができてしまったね。。
私たちも今までに味わったことのない恐怖を体験して、地震酔いや情緒不安定になってるけど
前を向いて頑張らなきゃね。

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。